FC2ブログ
「氷の華」の装丁


話題のミステリー小説「氷の華」の装丁を頼まれた時に、その内容を聞いて、ほわっとした明るい感じで、冷たさが出ているような装丁がいいなと思いました。その後、ゆっくり小説を読んでみて、増々その方向のデザインで間違いないことを確信しました、ですから、装丁の仕事は、必ずしも内容を読まなくても出来るものだと思います。今は、この文庫本が大ベストセラーになってます。そのデザインは、制作過程の違いもあって、少し違うものになってます。ところで作家の天野さんは60歳で、これが処女作というから驚きです。T2
Posted by 田島照久 thesedays
comment:0   trackback:0
[デザインの話
comment
comment posting














 

trackback URL
http://thesedays1994.blog.fc2.com/tb.php/76-821dda64
trackback