FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 田島照久 thesedays
 
[スポンサー広告
Gibson ES-330 (1964)


ギブソン、ES-330TD、1964年製。アリゾナ州に住む前オーナーによると、新品で買ったあと、ほとんど弾くこともなく、ギターを買ったことすら忘れてしまい、クローゼットにしまわれていたものだそうです。当時のレシートやシールドやストラップも入ったままでした。このP-90ピックップの音は、粘りがあって、なんとも言えない色気があります。何時間でも弾いていたくなります。40年間も使われてなかったなんて、もったいない!その分をぼくが取り返すつもりで弾いてます。カジノもそうですが、ぼくはこのネックジョイント部が深い330のデザインが好きですね。(tajima)
Posted by 田島照久 thesedays
comment:2   trackback:0
[ギターの話
comment
おんなじです!
生まれ年が…(笑)
私も1964に反応しました

深みも、味も
・・・・・まだまだです(泣)
2010/02/03 00:45 | URL | edit posted by mayumin
はじめまして
はじめまして
ブログはいつも楽しく読ませていただいております
今回初めてコメントいたします。
1964年製に反応いたしました~~
私も1964年製(生まれ)なんです
同じ年ギターの画像を見ていたら
Fホールが穏やかな目、テールピスが優しい口に見えて
微笑んでるギターのようで画像を見ている私も笑顔になれました

この年代のギターはいわゆる「ビンテージ」ですよね
自分も良い味出せる(ビンテージ的)人間になれたらと思います

ベース弾きの家具職人でした
2009/12/11 14:46 | URL | edit posted by 家具職人
comment posting














 

trackback URL
http://thesedays1994.blog.fc2.com/tb.php/223-f2004d11
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。