スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 田島照久 thesedays
 
[スポンサー広告
真夜中の撮影


真夜中に撮った電柱と空の写真。真っ暗闇で撮ったので、シャッタースピードが遅く、ブレていてピントも合ってない。ところが、その感じが写真と絵の中間のように見えるので不思議な感じがする。最近は超高感度のデジカメも出て来ているので、今までは諦めていた真夜中の月明かりだけの人物撮影をやってみたくなった。きっと怪しい撮影風景になるのだろうが…。
Posted by 田島照久 thesedays
comment:5   trackback:0
[写真の話
comment
Unknown
ご心配をおかけして
申し訳ありませんでした。

雅子さん、
励ましをありがとうございました
2009/11/16 11:29 | URL | edit posted by ぺんはぁと
真っ暗闇?
ぺんはぁとさん、

次回は「ベルばら」のような素敵なコメント、待っています・・・。

2009/11/12 20:26 | URL | edit posted by 雅子
ぺんはぁとさん・・・
ぺんはぁとさん、

また「ベルばら」の時のような素敵なコメント、

待っています・・・。
2009/11/12 16:02 | URL | edit posted by 雅子
Unknown
自分のこころの中が
真っ暗闇なので

月明かりに照らされた
とても美しい写真に思えます
2009/11/11 22:46 | URL | edit posted by ぺんはぁと
不思議な魅力...
とても魅力的な写真ですね!

まるで嵐の音が聞こえてきそうな猛々しさと、漆黒の闇を想像させますが、

>写真と絵の中間のように見えるので不思議な感じがする。

と、おっしゃっているように、油彩の‘写実主義’の様な趣きを感じ、素敵だと思いました。

「諦めていた真夜中の月明かりだけの人物撮影」―是非、撮影してこのブログにもUPしていただければと思います!

幻想的で神秘的なイメージが広がります...
2009/11/07 23:00 | URL | edit posted by 宙
comment posting














 

trackback URL
http://thesedays1994.blog.fc2.com/tb.php/217-9ef51fa4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。